任意整理とは?そのメリットとデメリット

借金の額が多くなると、返済することが難しくなってしまう場合があります。

返済することができず自己破産してしまう人もいますが、所有している住居などの不動産も手放さなければなりません。これに対して個人民事再生は、住居などを手放すことなく借金の金額を大幅に減らすことが可能になる手続きです。

自己破産との大きな違いは、借金の残額は減りますがなくなるわけではありません。現在得ている収入や所有している財産などでは借金の返済を続けることが困難になることが考えられる場合、裁判所で手続きを行うことによって利用することが可能です。

裁判所へ申立てる場合には一定の条件が必要になりますが、家や財産などを処分される心配がなくなります。個人民事再生のメリットは、借金の残高が原則として約20%まで減額される点です。大きな借金を抱えたままでは返済することが不可能になる場合がありますが、大幅に減額されるので今後の支払いがとても楽になります。自己破産では高額な財産等は処分されることが多くなりますが、個人民事再生を認めてもらうことができれば不動産などを処分される心配が少なくなるのもメリットの一つです。

自己破産では家や車などをそのまま所有していることが難しくなります。今までの生活を続けることが困難になってしまいますが、家や車などを所有したまま借金が減額されるので返済が少なくなるのも大きなメリットです。

借金の返済が不可能になってしまうと、強制執行が債権者によって行われてしまう可能性が高くなります。強制執行では給料や預貯金なども差し押さえられてしまうため、今後の生活に大きな支障がでてしまうことも少なくありません。

個人民事再生を申立て手続きが開始された場合、強制執行を行うことができなくなります。そのため、給料などが差し押さえられてしまう心配がありません。就職や生命保険などに対しての制限を受けないことも、大きなメリットの一つです。多額の借金をしている人にメリットのある制度ですが、裁判所に申立てをする場合一定の条件があります。

申立てができるのは、個人でなければいけません。住宅ローンを除いた借金の総額が5,000万円以下ということも、申立てる場合の条件の一つです。現在の状態のままでは、借金の返済が不可能になる恐れがある人も申立てることができます。

将来的に収入の見込みが継続してあることも、申立てる時の条件です。大きな借金をしている人にメリットのある制度ですが、個人民事再生の手続きは複雑なため個人で行うことは難しくなります。専門的知識の豊富な人に相談しながら手続きを進めることが必要です。

気軽に借金返済

semillerosdepensamientos

関連記事